【予想外?】フルーツの廃棄率について迫る

 

皆さん『廃棄率』ってご存じですか?

 

フルーツにも残念ながら食べることが捨てざるを得ない部位がどうしても発生してしまいます。だだ、その部位ですら加工等により再利用も可能です。

 

廃棄率とは

 

廃棄率は、原則として、通常の食習慣において廃棄される部分を食品全体あるいは購入形態に対する重量の割合(%)で示す

7訂 食品成分表 2019 本表編より

 

 

皆さんが普段気にしていないであろう視点からもフルーツを紹介していきたいと思います!

 

それでは主なフルーツのの廃棄率を見ていきましょう!

 

 

廃棄率0~10%

 

 

食品 廃棄率(%) 廃棄部位 備考
イチゴ 生 へた及び果梗  
レモン 全果 種子及びへた  
あんず 生 核及び果柄  
リンゴ 皮つき 生 果しん部  
カキ 甘かき 生 果皮、種子及びヘタ  
サクランボ 国産 生 10 核及び果柄  

※7訂 食品成分表 2019 本表編より

 

 

廃棄率が計算できる中での最小は『イチゴ』です!

確かにイチゴはちょんとヘタがあるだけですからね!無駄が極めて少ないフルーツということが分かりますね。そこも含めて、絶大な人気があるのもうなずけます。

 

 

 

廃棄率11~20%

 

食品 廃棄率(%) 廃棄部位 備考
ウメ 生 15  
イチジク 生 15 果皮及び果柄  
キウイフルーツ 生 15 果皮及び両端 緑肉種
日本ナシ  生 15 果皮及び果しん部  
桃 生 15 果皮及び核  
ぶどう 皮なし 15 果皮及び種子  
キウイフルーツ 20 果皮及び両端 黄肉種
みかん 早生 生 20 果皮 温州みかん

※7訂 食品成分表 2019 本表編より

 

廃棄率15%が比較的多い印象ですね。

キウイフルーツが2品種が登場しました!ゴールデンキウイのほうが廃棄率が高いんですね。果物個体の大きさも廃棄率に関わってくることが分かりますね!

 

ゴールデンキウイ

 

 

廃棄率21~30%

 

食品 廃棄率(%) 廃棄部位 備考
びわ 生 30 果皮及び種子  
アボカド 生 30 果皮及び種子  

※7訂 食品成分表 2019 本表編より

 

アボカドがここで登場しました。

確かに、アボカドといえば大きな種子が特徴的ですね!

 

 

 

 

廃棄率31~40%

 

食品 廃棄率(%) 廃棄部位 備考
マンゴー 生 35 果皮及び種子  
バナナ 生 40 果皮及び果柄  
スイカ 生 40 果皮及び種子 小玉種は50%
オレンジ 生 40 果皮・じょうのう膜・種子 バレンシア

※7訂 食品成分表 2019 本表編より

バナナは約40%が廃棄されるんですね。スイカに関しては小玉種によっては50%ということです。

種類が多くて記載しきれませんが、柑橘類も40%付近のものがほとんどでした。

 

オレンジ フロリダ

 

 

廃棄率41~50%

 

食品 廃棄率(%) 廃棄部位 備考
パイナップル 生 45 はく皮及び果しん部  
メロン 生 50 果皮及び種子 温室メロン

※7訂 食品成分表 2019 本表編より

 

個人的に一番廃棄率が多いと思っていたパイナップルが45%でした。

 

はたしてこれらより多くの廃棄率のフルーツなど存在するのでしょうか・・・?

 

パイン先輩

 

 

 

廃棄率50%オーバー!

食品 廃棄率(%) 廃棄部位 備考
ザクロ 生 55 果皮及び種子  
マンゴスチン 生 70 果皮及び種子  

※7訂 食品成分表 2019 本表編より

 

50%オーバーは『ザクロ』と『マンゴスチン』でした!

 

フルーツの女王『マンゴスチン』が70%と圧倒的数値でした。さすが女王といったところですか。

 

 

 

まとめ!

 

『廃棄物』しかし、捨てられるからと言って、必要ではないわけでは決してありません。

生長過程で、外的環境から実を守ってくれる『果皮』 次につながる『種子』や『核』・・・。すべてがあって初めてその果物が成立します。

 

フルーツの全てを知っていただきたい当ブログでは、フルーツのあれやこれを知っていただきたいと思って今回は『廃棄率』に注目してみました!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!