Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/shunkyuu/shunkyu.com/public_html/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
【積極的に】美容に効果がある『パントテン酸』について│しゅんきゅう青果店

【積極的に】美容に効果がある『パントテン酸』について

 

 

『パントテン酸』と聞くとどのようなイメージをしますか?

 

様々なイメージがあるとは思いますが、身体にどんな作用があるのかということを理解していただければ幸いです。

 

今回はパントテン酸について書いていきたいと思います!

 

 

 

パントテン酸って?

 

 

パントテン酸を教えてください!

 

 

〇水溶性ビタミンです!

 

 

〇副腎皮質ホルモンの合成に関わります!

 

 

〇糖質や脂質、タンパク質の代謝の全てで重要な役割を担います!

 

 

〇食品中では多くがコエンザイムAとして存在し、消化管内でパントテン酸に分解される

 

パントテン酸を取り過ぎるとどうなるの?

 

 

〇通常の食生活では見られません。

 

 

 

パントテン酸が不足するとどうなるの?

 

 

〇幅広い食品に含まれているため、欠乏症はほとんど見られない。

 

 

〇成長停止、手足のしびれと灼熱感、頭痛、疲労感、不眠、食欲不振などが起きます。

 

 

 

※画像とパントテン酸に関係はありません!

 

 

補酵素として全身の代謝反応に関係する!!

 

ほとんどの場合コエンザイムAとして、植物性・動物性を問わず食品に含まれています。

消化管で分解されてパントテン酸となって吸収され、肝臓で再度コエンザイムAに合成されます。

コエンザイムとは素酵素のことです。コエンザイムAは食事で摂取した糖質やタンパク質、脂質がエネルギーとなる過程で、100以上の酵素の補酵素として働いています。

ストレス時に分泌される副腎皮質ホルモンなどのホルモンの合成を助けたり、HDLコレストロールの合成を促す働きもあり、さまざまな代謝に関わっています。

 

ビタミンEは主に細胞膜の中に存在して、不飽和脂肪酸が酸化される前に自分が酸化されることで、過酸化脂質ができるのを防ぎます。そしてこの働きによって、細胞の老化やガン化を防ぎます。

 

また、血中のLDLコレステロールの酸化も防ぐことから、動脈硬化の予防や血流改善効果も期待されます。このほか、毛細血管の拡張作用や性ホルモンの生成や分泌などにも関係しています。

 

 

一日に必要なパントテン酸の量は?

 

〇食事摂取基準(mg/日)

  男性 女性
  目安量 目安量
1~2 (歳) 3 3
3~5 (歳) 4 4
6~7 (歳) 5 5
8~9 (歳) 5 5
10~11 (歳) 6 6
12~14 (歳) 7 6
15~17 (歳) 7 5
18~29 (歳) 5 4
30~49 (歳) 5 4
50~69 (歳) 5 5
70以上 (歳) 5 5
妊婦(付加量) 5
授乳婦(付加量) 5

厚生労働省 日本人食事摂取基準より

 

 

 

【果物『パントテン酸』ランキング】

 

さぁ、主な果物のパントテン酸の含有量について見ていきましょう!

果たして多く含まれている果物はなんでしょうかね!?

 

 

食品名 含有量【mg】 備考
あんず 0.53
ドラゴンフルーツ 0.53
ゴマ 0.56
パイナップル 0.64 焼き
カキ 0.85 干し柿
ナツメ 0.86
ユズ 0.89 果皮
なつめやし 0.94
日本ぐり 1.04
バナナ 1.13
ぎんなん 1.27
アボカド 1.65

※可食部100gにつき

※含有量0.5mg以上の主な果物

※七訂 食品成分表2019より

 

 

七訂 食品成分表2019の主な果物では『アボカド』が一番でした!

 

 

ここでもアボカドが来ました。

さすが、ギネスブック認定の有能な果物といったところですね。

アボカドについての詳しい記事はコチラで!!

 

また

ギンナンの果物のなかでは優秀な成績でした。

生100gで1.27mg、ゆでで100g中1.02という数値でした。

ギンナンについての詳しい記事はコチラで!!

 

【 終わりに 】

 

パントテン酸について果物を通してみていきました!

 

パントテン酸は『抗ストレスビタミン』との呼ばれています。皮膚や粘膜の健康を保つ効果があり、髪のダメージの改善や抜け毛の予防に役立つともいわれています。不足すると、髪が傷つきやすくなったり、抜け毛が多くなったりします。

美容には欠かせないビタミンですね!!

 

栄養バランスを考えながら、食事にフルーツを取り入れて、健康維持・向上に是非役立ててください!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

最新情報をチェックしよう!